BibTeXからBibLaTeXへ乗り換えたので使い方をまとめた

目次

BibLaTeX

TeX(LaTeX)を使っている人でBibTeXを用いて参考文献を管理している人も少なくないだろう。 本記事ではBibTeXの後継であるbiblatexの使い方と物理の論文でよく使われる形式で出力する方法についてまとめる。

biblatex

BibLaTeXの特徴としては

  • 自由度が高い。
  • 引用部分(\cite{}の部分)を変更出来る。
など色々機能があるらしいが、正直全然知らないし使いこなせていない。必要があれば調べて使えばいいだろう。

bibファイルはプリアンブルで指定する。プリアンブルに

\usepackage{biblatex}
\addbibresource{参考文献のファイル.bib}
と指定して、本文中の参考文献を出力したい場所に
\printbibliography
と書く。ここで、\addbibresourceは複数指定できる。bibファイルは拡張子が必要。

また、デフォルトでタイトルはReferenceとなるが、日本語の文章を書いていたら参考文献のタイトルを「参考文献」としたいこともあるだろう。そういう場合は、

\printbibliography[title=参考文献]
と書いてやればよい。

処理系としてはbiberを使うことが推奨されるが、日本人の多くが使っているであろうpbibtexのままでも使用できる。 その場合は

\usepackage[backend=bibtex]{biblatex}
backendを指定すればよい。 biberはBibLaTeXのためのバックエンドでUnicodeの完全なサポートを含む。この機会に乗り換えてみるのもありかもしれない。
$ biber --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars
とすると、いい感じに処理してくれる。

物理っぽい参考文献の形式

スタイルはhttps://ja.sharelatex.com/learn/Biblatex_bibliography_stylesにに見やすくまとまっている。 特に物理でよくみるようなスタイルにしたければbiblatex-physを用いればいい。次のように使う。

\usepackage[style=phys]{biblatex}
デフォルトではAIP形式になっている。 APS形式にしたい場合は次のように書けばいい。
\usepackage[%
style=phys,%
articletitle=false,biblabel=brackets,%
chaptertitle=false,pageranges=false%
]
{biblatex}
いい感じの見た目で出力できたので満足である。

最後に僕がわからなかったことについて触れておく。 例えば参考文献で論文誌の名前をPhysical Review LettersじゃなくてPhys. Rev. Lettというふうに省略したいことがあるだろう。 この処理は、XMLで書くか、\DeclareSourcemapで行なうなどの方法があるけど、いちいち書き換え規則書くのはめんどくさい。 もっといい方法かそういう処理を行なういい感じのパッケージはないだろうか…(ないならばいつか作りたい…)

0 件のコメント :

コメントを投稿